« メルマガ登録はこちら | メイン

2006年02月24日

母乳育児を成功させるための10ヶ条

1989年にWHO(世界保健機構)とユニセフ(国連児童基金)が
共同宣言を出した「母乳育児を成功させるための10ヶ条」という
ものがあります。

 1.母乳育児推進の方針を文書にしてすべての関係職員がいつでも
   確認できるようにしましょう

 2.この方針を実施するうえで必要な知識と技術をすべての関係職員
   に指導しましょう

 3.すべての妊婦さんに母乳で育てる利点とその方法を教えましょう

 4.お母さんを助けて、分娩後30分以内に赤ちゃんに母乳をあげら
   れるようにしましょう

 5.母乳の飲ませ方をお母さんに実地に指導しましょう。また、もし
   赤ちゃんをお母さんから離して収容しなければならない場合にも、
   お母さんに母乳の分泌維持の方法を教えましょう

 6.医学的に必要でない限り、新生児には母乳以外の栄養や水分を与
   えないようにしましょう

 7.お母さんと赤ちゃんが一緒にいられるように、終日、母子同室を
   実施しましょう

 8.赤ちゃんが欲しがるときは、いつでもお母さんが母乳を飲ませて
   あげられるようにしましょう

 9.母乳で育てている赤ちゃんにゴムの乳首やおしゃぶりを与えない
   ようにしましょう

 10.母乳で育てるお母さんのための支援グループ作りを助け、お母
    さんが退院するときにそれらのグループを紹介しましょう


このように世界的に母乳が見直されているのです。
この10ヶ条が母乳育児を成功するための基本となります。
なので、じっくり読んでくださいね。

まずは、母乳育児に理解がある、母乳育児を推進している、サポート
してくれる産院を選ぶことが、母乳育児に成功する一番の近道です。

一生に何度もない出産だから思い切って贅沢したいなぁ!
これから大変になるんだから、入院中だけでもゆっくりと休みた〜い!
がんばったんだからご褒美がほしいわ!

そんな気持ちはよくわかります。
出産後にエステやフレンチなどのコース料理がついているところも
ありますよね。至れり尽くせりの贅沢な産院は確かに魅力的です。

でも、母乳のためのコース料理はきっと少ないでしょう。
とてもおいしいところは多そうですが・・。

どちらにしろ、きっと退院のお祝いに、どこかの粉ミルクをプレゼント
されると予想されます。←×××

「赤ちゃんにとって何が一番いいのか」を考えることが大切です。
ママにとってしんどいこともたくさんありますが、自分が何のために
がんばっているのか目的を明確にすれば、きっと乗り越えられますよ!

投稿者 1bonds : 2006年02月24日 06:56